姿勢も大切よ♪ 

 

 

 

 

 

ホームへ

 

 

  顔の若返り 肩こりを無くする 猫背を治す

最近の研究で僧帽筋の筋力低下が表情(顔面)筋、顔面皮膚の下垂、シワの大きな原因になっていて、僧帽筋の筋力を回復させれば顔の若返りができるといわれるようになりました。

下図では上部僧帽筋、中部僧帽筋、となっていますが、下部僧帽筋は中部僧帽筋の下部にあります。

図から分かりますように上部僧帽筋は肩こりの起こる部分です。僧帽筋の機能を回復すれば肩こりも無くなり、両肩が前に出て胸郭が収縮した状態も改善できるのです。

さらに僧帽筋と脊柱起立筋を回復させると猫背もスッキリと伸びるようになるのです。来院された方の治療は様々なテクニックを使って治療しますが、遠方の方はご自分でできる方法もありますのでお試しください。

治療を開始すると顔が若返るというのは以前から感じていました。特に年齢より老けて見える方は2〜3回の治療でも明確に変化します。体が楽になり、ホルモンの分泌が改善するから思っていたのですが、僧帽筋の問題もあったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームへ

  猫背を治そう

猫背はどうしてなるのか?

一般的に姿勢が悪いだけと見られるむきもありますが、専門的にみるとどうなのでしょうか。

上図では仙棘筋となっていますが、首から仙骨まで背骨の後部両側にある、いわゆる脊柱起立筋(仙棘筋を含む)の収縮力が弱く、体を長時間真っ直ぐに保つことが難しい状態になっているのです。

では何故、脊柱起立筋が弱くなっているのでしょうか。

骨盤、背骨の狂いがあり、そのために脊柱起立筋が捻られたり、牽引されたりし、筋のテンション(引っ張る強さ)が異常となり、筋紡錘・ゴルジ腱など筋・腱のセンサーが機能し、筋力を出せなくしているのです。

ですから、骨盤(頭蓋骨)、背骨を治療しますと、真っ直ぐに立つことが苦痛でなくなるのです。普通1〜数回の治療でかなり改善します。治療する度に背中が真っ直ぐになっていくのがわかります。